« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

アメリカ旅行記③ 駆け込み!ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム!!

さて、前回の記事にも書いたように前日一番の目的だったウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムが休館日だったので、家族から1人離脱し半ば無理矢理ファミリーミュージアムに向かいました!

1人で向かうのでタクシーだと割高かな?と思ったので公共バスを利用することに!
ルートは忘れてしまいましたが、ホテルのフロントのお兄さんのアドバイスとグーグルマップによるリサーチを合わせバスルートを突き止めました。
もちろんサンフランシスコの路線バスを使うのは初めてで、遅れるとミュージアム滞在時間が減る→また、ミュージアムに留まりすぎると飛行機に乗り遅れる
というリスク付き!とはいえ、もう大人だし、バスくらい乗れるでしょう!!
しかし、この時は知る由もありませんでした・・こんな試練が訪れるなんて。。。


試練① バスに乗り間違える
いきなりバスに乗り間違えました。なぜか・・?
日本でもよく見られる光景ですが、同じバス停から複数のバスがでますよね?
あれです。あれに騙されました笑 
路線名にアルファベットと数字がついていたのですが、それをしっかりとは覚えていなかったことと、焦っていたこともありついつい来たバスに乗ってしまいました。
何かおかしいぞと気づき、ポケットWifiを使い乗り換えできるバス停を見つけ無事乗り換えられました。ポケットWifi万歳!!


試練② 突如運転手が消える
無事に予定通りのバスに乗れたものの、まだ乗り換えが残っていたため

常に注意を払いながらバスに乗っていたところ、バスが突然バス停じゃないところ止まった・・・?
すると、急に運転手のおっちゃんが下りていくではないですか・・!!
(おそらくトイレのために)バスを下りたおっちゃん・・・彼が返ってくるまで決してバスは動かない。
しかし、乗り換えのバスの時刻は刻一刻と近づいている・・・
そんな中、バスを降り、すたこらさっさとまっすぐに道を歩いていく女性が1人(前払いだからちゃんとお金は払ってるよ!)

「これ・・バス停もうすぐだし・・・歩いたほうが早いんじゃっ・・・!!」

というわけで、歩いて行ったら無事に乗り換えに間に合いました。 
徒歩万歳!


試練③ 運転手がメイビーとしか言ってくれない
無事乗り換えに成功して、あとは目的地で降りるだけ!
とは、いいつつもすでに二つの試練に出会った身、死角を残すわけにはいきません。
そこで、確認のためにいかにもアメリカ人な雰囲気の運転手のおばちゃんに確認することに。
僕:(スマホで降り場名表示ながら)「このバスここ止まりますか!?」

運転手のおばさん:「Maybe.....」(ホントに知らなそうに)

・・・・えぇーー!!運転手さんって自分がこれから通るルートとか知ってるもんじゃないの!? 
普段から通ってるんじゃないの!?どこ行くのこのバス!?

メイビーってなんだよ!キムタクかよ!
一抹の不安を拭おうとしたら五抹くらいになって返ってきました。
不安を募らせながらも、バスに乗っていると徐々に風景が昨日の記憶と一致してきました。
どうやらバスは合っていたようで次の停車駅が目的地。停車ボタンを押すと、運転手のおばちゃんが
"Did I miss your stop my dear?"(心配そうな声で)
心配してくれてたのかよ!My dearって一気に距離感縮まった! 嬉しいよ!
最初はとんでもなく、無愛想かと思ったらめっちゃツンデレのいい人でした。
最後はハブアナイスデイッ!と送り出してくれて、おばちゃん万歳!

というわけで無事!予定通りに開館時間前につきました!
ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムへ!

ばっちり誤字してますね

バスのエピソードに思ったより時間かけすぎたので手早く行きます笑
ちなみに、何でもない日でしたがほかにも日本人の家族の方が開館待ちしてました。

このミュージアムはディズニーという会社よりもウォルト・ディズニーという人物の人生にフォーカスしたミュージアムです。とはいえ、ウォルト自身が会社を引っ張っていた時代のディズニー社の成長過程や事業の変遷もしっかり知識として学べるファンにはたまらないものとなっていました。
ウォルトやディズニー社の歴史に詳しければそれに応えるような資料やマニアックな情報を、知らなければ導入としての体感的な展示や基本的情報が学べる濃ーいミュージアムでした。
ちなみに僕の中途半端な知識ではマルチプレーンカメラ最高!!くらいしか叫べませんでした←
一文一文の解説を読む時間は残念ながら、飛行機の時間が迫っていたため遅れませんでしたがとーってもたのしかったです!!!
気になる展示はたくさんありましたが、特に気に入ったのは第二次戦時中のプロパガンダ用のアニメーションのポスターや、ミニチュアのディズニーランドですね!
少しだけ写真でご紹介しておきます!

Photo

Img_1613


もし、機会のある方がいらっしゃいましたら、他の部分はぜひご自分の目で!
相当なファンじゃなければ1時間ちょっとくらいでいいと思います。ディズニーファンは逆にいくらでも滞在できます。

帰りはPresidio(ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムがあるエリア)全体で出ている中心部までの無料バスを使い、中心部からBARTという電車を使い一本で空港に向かいました。

無事に飛行機にも間に合い、家族とも合流し、いざラスベガスへ!!!


きっとラスベガス編に続く。。

2015年8月28日 (金)

パリでFROZEN SUMMER FUNがやってるよー!(結構前から!)

ただ今ディズニーランドパリで夏のイベント"FROZEN SUMMER FUN"が行われています。

だいぶ前から行われています。
6月からやってます。 9月13日までやります。 長い!!! 
でも、抑えてなかったので少しまとめを。
去年は全く夏のイベントを行なっていなかったディズニーランドパリなので開園時間の長い夏の期間にさらにお楽しみを加えるものとなっています。

FROZEN SING-ALONG


さて、名前の通り「アナと雪の女王」(原題;FROZEN)をテーマとしたイベントですが、その中でもメインイベントは"FROZEN SING-ALONG" 仏:Chantons La Reine des Neiges

期間イベントによく使われるフロンティアランドのThe Chaparral Theaterにて行われます。
北欧をイメージした衣装を纏ったダンサーたちとアナをはじめとするキャラクターたちが登場し、映画アナと雪の女王の劇中歌を会場が一体になって歌います。
ショーはお馴染みの歌のオンパレード 歌詞を覚えてなくてもちゃんと中央スクリーンに表示されます!
締めはやっぱりあの名曲。 周りを気にせずありのままの姿で熱唱しましょう!
英語ver.とフランス語ver.を交互にやっているのでお好きな方にチャレンジ!
フランス語極めてる人以外は英語が無難です


FROZEN ROYAL WELCOME

Hommage à La Reine des Neiges
馬車に乗ったアナとエルサがパレードルートを一周しごあいさつ。
見どころは馬車(笑) 優雅に馬車に乗ってる姿を見ると、そういえば二人とも王族だった!と思い出します。
あと、BGMの一部がなぜか、Let it go 25か国語ver.
本当にシンプルで簡素なパレードなので、特に待つ必要などはなさそうです!
Disney Dreams! special ver.
毎晩行われるプロジェクションマッピングショーDisney Dreams!(通常版)にてアナと雪の女王のパートが追加されます。 代わりにメリダパートはお休み。
普段の通常版では見れないLet It Goが観れる貴重な機会! 
ではありますが、昨年のクリスマスver.の方がよりアナ雪をフィーチャーしているのでそっちを観たことのある人には物足りないかも。 でもせっかくのイベント中だから最後もアナ雪で締めたいよね!!
ショー関係は以上ですが、期間中フロンティアランドの特設エリアがよりアナ雪らしい雰囲気になっています。

以下 Inside Disneyland Paris さんのツイートより引用

2015年8月21日 (金)

アメリカ旅行記② サンフランシスコ市内観光編 リサーチ不足は残酷に 

数ヶ月越しの旅行記!
今年3月にアメリカがカリフォルニアに行ってきたのでその旅行記第2弾です!
前回の記事ではとりあえずサンフランシスコについてチョコレートパフェを食べた話をしましたが、今回はきっと役に立つ観光のお話です!

さて、今回の旅でサンフランシスコに一日いられるのは2日目のこの日だけだったので、いろいろ観たいがため半日車をチャーターしましたー! 
運転手さんは日本人でいろいろと解説してくださりましたよー!


たとえば、サンフランシスコはシリコンバレー通いのIT系職業の収入の多い若者が多く住んでいるため、土地がめっちゃ高い、物価もめっちゃ高い!
そして、近年高級志向、健康志向も強くなっていって、高価なオーガニックレストランだとかが大人気なんだとか。

たしかに道にはランニング中の老若男女が多くみかけられました!ザ・健康志向

ピクサー映画の「インサイド・ヘッド」でサンフランシスコに引っ越してきたライリーがピザ屋に行っても、ブロッコリーピザしかないというシーンがありますが(あるいはピーマン、どうやら二種類の映像がある)サンフランシスコのオーガニック志向という事情を知っていると皮肉にリアリティがでてさらに面白いです。


他にも街の歴史などいろんな興味深くもためになる情報を教えていただきましたが忘れました←

 

最初に訪れたのはロンバートストリート

ストリートというからには道なのですが、ただの道ではありません。
坂道で超グネグネしています。

Dsc_0421



ツアーなどでは運転はできないことになっているそうで、近くで降りて徒歩で向かいました

S字クランクって大事なんだなぁと教習所時代を思い出し次の目的地へ。

 

続いては、野球スタジアムのAT&Tパーク

あんまり、野球には興味がない家族だったので軽くスタジアム周りを散歩して終了。

でもついつい、ピンバッチを買ってしまった・・

 

次はアラモスクエアへ、ここにはあの人気ドラマフルハウスのオープニングに出てくる家があります。

小さいころよく見た「フルハウス」 家族で来たこともあり、オープニングのロケ地を観ることで懐かしい思いに またちゃんと観たいなー

Dsc_0441


 

 

そして、ゴールデンゲートブリッジへ!!!

脳内BGM “Immortals”: Fall Out Boy

Dsc_0452


べいまっくすぅぅぅ!!! 飛びたい!! ベイマックス乗りたい! ベイマックス2.0最高だよぉぉ!!! と、橋を見るなりすっかりベイマックスのことしか考えられないディズニー脳でした。 

橋?うん。赤くて大きくてよかったよ ←

 

さてさて、そんなディズニー脳の私がサンフランシスコに行くならどうしても行きたいとこが・・・

その名も
ウォルトディズニーファミリーミュージアム

ウォルト・ディズニーの生涯のフォーカスした、世界中でここにしかない博物館です!!

これはディズニーおたくとしてどうしても行かないわけにはいかない!!

しかし、ここPRESIDIOと呼ばれる敷地内にあり、中心部から少し離れていてアクセスが悪いです・・

自由に動けるチャーターにしたのにはこういう理由もあったのですね!

好きなだけたーーーっぷりみられるように最後の目的地としてミュージアム前にておろしてもらい、お世話になった運転手さんに別れを告げていざ入るぞ―――!!!!!

うぉーーテンションあがるーーー!!!!

Dsc_0463

ん?

 

Img_1555_2

閉まってた・・・・(火曜日)

 

みなさん・・・本当に、旅行する際には休館日のチェックは怠らないようにしましょう・・・・

 

 

どうしようもないので失意の中、街の中心部に戻ります。 

しかも地味に遠いですここ。中心部行きのバスは時間次第だけど1時間に1,2本くらい。

 

くよくよしていても仕方がないので街を散策していたら、マスター・ヨーダとかユニクロとか見つけました。

Img_1564

Img_1565

Img_1570

ケーブルカーも堪能し、フィッシャーマンズワーフへ。

Img_1573

海沿いに、様々なレストランやお店が並び飽きないです。

そんななか、僕の感性を揺さぶったのがMuseé Mécanique

こちらはアメリカのレトロでふるーいアーケードゲームが置いてある博物館で、さらに25¢~で遊ぶことが出来ます! 

なかなか見られない古いゲームは純粋に物珍しく、自分が何十年も前の子供たちと同じゲームで遊んでいると考えるといろんな想像力をかきたてられます。

特別ゲーマーではない方も楽しめると思いますよー!

 

多く見られたのが連続した写真をパラパラ漫画の要領でめくってくれる機械。

お金を入れて覗きます。ミュトスコープ MUTOSCOPEって言うらしい。

MUTOSCOPE (英語サイト)

 

本当はこっちが良かったのですが。

 

Img_1584

 

親と妹の手前、虎とヘビの闘いをみました。 
どっちが勝ったのかよくわからなかった


Img_1582


ちなみにこういう系のはだいたいがっかりします。
が、そこはガッカリイリュージョン。
がっかりすると分かっていても気になったら試してみましょう。

 

そういえばディズニーランドのペニーアーケードでおなじみの彼もいたよ!!!

 

Img_1579

 

3日目へと続く

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト

他のアカウント

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ